MENU

自動車保険の車輛保険

 

自動車保険には車両保険がありますが一般車両保険に入るのがいいと思います。自動車保険の車輛保険というのは事故の過失割合の有無にかかわらず、保険金を先に支払えるという保険です。ですから、もしも任意保険に入っていないという相手と事故を起こして相手が悪いとなっていても相手がなかなかお金を出してもらえない場合に、先に修理代などを立て替えるというケースに車両保険は便利です。
自動車保険の車輛保険は保険料が高いですから、あまり加入している人がいないかもしれませんが、メリットは今紹介したように、相手が自動車保険に加入していなくて、相手が悪いという場合に、お金の用意がすぐにできなくて、お金を払ってもらえないとなった場合でも、自分でお金を立て替えなくてもいいというメリットがあるというのが、車両保険のいいところです。実際に、車両保険をつけるという場合には、一般か、エコノミー+Aといったように種類を選ぶことになりますが、一般の車両保険に加入していれば、単独の事故でも、当て逃げされても、転覆や墜落してしまった場合でも保険金を受け取ることが出来ますし、車と車の衝突でももちろん保険金の対象になります。台風や洪水、盗難も対象になるというのも車両保険の特徴ではないでしょうか。
自動車保険に入る際に、少しお金に余裕があるという場合には、自動車保険の車輛保険に加入するようにしておくと何かあった場合でも安心ですし、一般に入った方が対象の幅が広がります。

自動車保険の短期

 

自動車保険というのは一般的には1年契約ですが、短期間だけ契約したいというケースも中にはいると思います。たとえば旅行に2日間だけ出かけるので、その間だけ車に乗りたいから、自動車保険に加入しておきたいという場合もあると思います。これは誰にどんな自動車保険に加入している車を借りるのかによっても違っています。
例えば、親の車を借りて、普段は乗っていない息子が短期間だけ自動車保険に入りたい問う場合には、年齢条件の設定、本人限定や配偶者限定などの限定特約が付いている場合には一時的に解除してもらって条件を変更して差額分を負担するのがいいと思います。
また車を持っていない人が、他の人に車を運転するという場合には、ドライバー保険というものがありますので、こちらに加入すれば短期で自動車保険に入ることが出来ますがこの場合は車両保険がないので覚えておきましょう。
他に、車を普段所持していて自動車保険に入っているが、数人で車を運転して、他人の車に乗るという場合には、他社運転危険担保特約という特約がありますので、これをつけておけば他人の車を運転した場合でも安心です。
レンタカーを借りるという場合には、自動車保険が付けられているので、特に自分ではいる必要はありませんが、保障内容が一般の自動車保険よりも低いことが特徴ですから、できれば少し負担して他にも自動車保険の短期のものに入っておいた方が安心かも知れませんので注意しましょう。

自動車保険の家族限定

 

自動車保険には色々と特約があり、特約をつければ、保険料が安くなったり高くなったり色々と条件が変わってきます。家族限定特約というのは、たとえば今までは夫婦だけで車に乗っていたけれど、息子や娘が免許を取って家の車を乗るので、自動車保険の年齢条件を今までは30歳未満不担保だったが、全年齢に変えるという場合に、かなり保険料の負担が大きくなってしまいますよね。そんなときに便利なのが自動車保険の家族限定特約、子供追加特約といわれる特約です。これは年齢条件を変更しなくても、自動車保険会社にこの家族限定特約と申し出れば、子供さんが車に乗っても保険料を安くそのまま維持することが出来るという制度です。
子供追加特約は、子供が事故を起こした場合にも補償してもらえることになります。家族限定特約にしておけば、同居している親族と、別居している未婚の子供が車に乗って、事故を起こしてしまった場合でも、自動車保険の保障の対象になりますので、安心して利用することが出来ます。
御子さんが車に乗るという場合に、年齢条件を下げる設定にするよりも家族限定特約を付けた方がいいと思いますので、保険料のことを考えたら、特約を検討してみましょう。ほとんどの自動車保険会社に、家族限定特約や子供追加特約はあると思いますが、場合によってはないこともあるので、その点は自動車保険会社にそれぞれ確かめてみるのがいいでしょう。年齢によっては、対象外や年齢条件の変更の方が安くなることもあります。